4段階ある虫歯と歯科治療

虫歯は程度によって、C1、C2、C3、C4と4段階に分けられています。

Cというのはカリエス(虫歯)のことを指します。C1はエナメル質に限局している虫歯です。

C2は象牙質までは達しているが、歯髄までは達していないものです。

C3は歯髄まで達しているもの、C4はほとんど歯がなくなってしまった状態です。

気になるnanapiの相談ならココです。

C4になると、根の先に膿の袋ができてしまう場合もあります。象牙質に達して間もない虫歯は、歯の神経を保存して治療することができます。



虫歯の部分を削って詰め物をすれば治せます。


C3まで進んでしまうと、神経の保存が不可能になってしまいます。

歯科では、抜髄という根の治療を行います。

根の治療が終わったら、歯を作る作業に移ります。

歯科治療で問題になるのは、C2とC3の中間の状態です。

虫歯を削って直接神経まで達していなかったとしても、神経までの距離がどれくらいあるかの判断が難しいこともあります。

場合によっては歯髄に炎症が波及してしまう可能性もあります。



こういう時には、通常は神経を保護する薬を塗って、できるだけ神経を残そうとするケースが多いです。

しかし、歯科治療の後に痛みが出てきた場合には抜髄が必要になることもあります。


この判断は非常に難しく、大抵は経過観察になります。

この間はなるべく検診の回数を増やして、できるだけ異常に素早く処置してもらうようにしましょう。

場合によっては神経が死んでしまったことが確認されることもあるので、気をつけましょう。