歯の矯正治療の種類と方法

歯並びをきれいにするための矯正治療は歯の表面に、矯正装置を装着するもので見た目にもわかりやすそうで治療に踏み切れないと思っている人も少なくありません。しかし歯の矯正にはいくつかの種類があり、装置が見た目にもわかりやすい方法だけではありません。

エキサイトニュース情報探しに特化した総合サイトです。

矯正治療は大きく分けると歯の表面に装置をつけるこれまでの方法と歯の裏側に装置をつける方法があります。これまでのオーソドックスな歯の表側に装置をつけつ方法は目立ってしまうと言うことが大きな特徴でもありますが、近年では装置もセラミック製やプラスチック性と言った目立たないように工夫された装置も用いられています。

歯の裏側につける方法は装置が見た目にはわからないと言うのが大きな特徴です。

装置の厚みの分口内が狭く感じるため慣れるのに時間がかかってしまうことはありますが、どうしても装置が見えることが気になって治療に踏み切れなかった人などには、適している治療法です。

その他にも、インプラントを用いる方法があります。

装置を歯に取り付けるこれまでの方法では前歯を移動させる場合に奥歯を碇にして動かしていましたが、そうすると奥歯も前に動いてしまっていました。



そのため奥歯の代わりに、骨に引っ張る碇の役割を持たせようと言うのがインプラント矯正です。


この方法ではこれまでは無理だと思われてきた移動範囲や移動の方向が可能です。また歯の状態に合わせた透明のカバーを装着するマウスピースでの治療方法もあり、自分の希望に合わせた治療方法で歯並びを改善することができます。