頭痛外来についてのいろいろ

頭痛を診てもらうときは、内科や神経内科でしたが、頭痛持ちの患者さんが増えてきていることから病院によっては「頭痛外来」の看板を掲げているところがあります。
診る医師は神経内科専門です。


患者の多くは女性です。
頭痛薬は今では多くの種類が出回っており、その使い分けをするのが頭痛外来の専門医でもあります。



頭痛薬と言えば、昔は普通の鎮痛剤を使っていましたが、研究結果から頭痛は発症機序が普通の痛みと違うことから頭痛専門薬の開発が始まりました。

頭痛がひどくなると、めまいや吐き気をともない、歩くこともままならないです。



場合によっては点滴を打ちながら入院することもめずらしくないので、頭痛が持病である方は深刻な問題です。

今、話題のエキサイトニュースに有効な情報の紹介です。

脳梗塞の前触れと勘違いされることも多く、まずは脳外科専門の病院に足を運ばれるかたがほとんどです。

頭痛がひどく、最寄りの医療機関に「頭痛外来」がない場合には、内科で診てもらえば、そこでも頭痛専門の薬を処方してくれます。

その時点で痛みが治まればいいですが、完治しないようなときにはそこの医師に専門医をお願いするか、あるいはネットで検索してみてください。頭痛が完治すると、まるで天国にいるような爽快な気持ちになると言います。頭痛は治らない病気ではないので、頭痛外来でしっかり診てもらいながら根気よく治療を続けていくほうがいいです。

頭痛薬は高価ですので、薬剤師さんにジェネリックをお願いしてみるといいです。